NTTフレッツ光の屋内ケーブルを自分で交換する

光ケーブルが折れてる

最近、ネットの調子がおかしいなと思ってPCやルーターをあれこれやるも改善せず。

しょんぼりしつつ、最後に屋内配線の光ファイバーケーブルを確認してみたら折れて中身が見えてるよ!
これが原因!?


商品探し

さっそく交換してみようと思ったけど使用ケーブルがわからないー。
端末部分を見てみると「光コンセントSC」の表示。

とりあえずAmazonで「SC 光ファイバーケーブル」と検索してみたらあった!
Amazonさん凄いっす。

ケーブルの長さは「1.5m・3m・5m・10m」の4種類で4000円前後。
しかも「曲げフリー」と言うことで破損にも強そう。
結び目を作っても大丈夫なくらい頑丈だそうです。
配線カバーや延長コネクタもあるみたい。

今回は3mのケーブルのみを購入。

関連商品へのリンク(Amazon)


NTTと取引している安心の日本企業(八光電機製作所)製品。
WEBを見ると、この製品は生産終了したようです。
在庫限りだと思うので、欲しい人は早めに買っておきましょう。(1.5mと10mは売り切れ)

◆八光電機製作所 曲げフリー 宅内光配線コード ≪ 3m ≫ 両端SCコネクタ付(自動開閉シャッタ構造) N3SC

◆八光電機製作所 曲げフリー 宅内光配線コード ≪ 5m ≫ 両端SCコネクタ付(自動開閉シャッタ構造) N5SC


汚れ防止のシャッターが付いていませんが、もう少し安い光ケーブルもあります。
少しでも節約したかったり、ペットなどの破損対策ができず短期で買い換え続けるつもりならこっちでもいいかもしれませんね。
コメントを見るとフレッツ光でも使えるそうですが、私は使っていないので未確認です。

◆YOU+ 両端SCコネクタ付 宅内光配線コード(光ファイバーケーブル) 曲げに強く耐圧200kg/10cm2 (1m)

◆YOU+ 両端SCコネクタ付 宅内光配線コード(光ファイバーケーブル) 曲げに強く耐圧200kg/10cm2 (3m)

◆YOU+ 両端SCコネクタ付 宅内光配線コード(光ファイバーケーブル) 曲げに強く耐圧200kg/10cm2 (5m)

◆YOU+ 両端SCコネクタ付 宅内光配線コード(光ファイバーケーブル) 曲げに強く耐圧200kg/10cm2 (10m)


15m以上のケーブルもあります。
さすがにこれは家庭用としては長すぎかな!?
天井や壁の裏側に配線したりできるかも。

◆N-hilfe 光ファイバー 延長ケーブル SC-SC 延長アダプタ とのセット商品 (黄色 15m)

◆N-hilfe 光ファイバー 延長ケーブル SC-SC 延長アダプタ とのセット商品 (黄色 20m)

◆N-hilfe 光ファイバー 延長ケーブル SC-SC 延長アダプタ とのセット商品 (黄色 30m)


2本のケーブルを繋げる延長コネクタ

◆八光電機製作所 光配線中継コネクタ 防塵シャッター付 ≪ 単芯SCコネクタ用 ≫ PSC-1


ケーブル配線には専用フックや結束テープが便利です。
床よりも高いところにまとめて配線すれば破損の心配も減ります。

◆3M コマンド フック お買い得パック コード用 Sサイズ 20個 CM3C-20HN(5.5mm以内)

◆TRUSCO マジックバンド結束テープ 両面 黒 10mm×1.5m MKT1015BK


注意

光ファイバーケーブルの接続はNTTの専門業者がやる作業なので、危険や間違いがあるかもしれません。
ONU(光回線終端装置)はレンタルなので、壊してしまうと余計な費用がかかったり問題になるかもしれません。
作業は自己責任でお願いします。

不安な人はNTTに電話してやってもらいましょう。
それが普通ですよ!(費用はかかるそうです)

シャッター

商品は無事に到着。

確かにケーブルが細くて曲げても大丈夫そうな硬さ。
曲げフリー!


コネクタ部分が違くてヒヤッとしたものの、無事に装着出来ました。
埃が入らないようにシャッターが付いているようです。

NTTのとは形が違う

接続作業

光コンセントに接続する時は、隣にあるスイッチを「OPEN」にスライドさせつつ挿します。
OPNEにしないと挿せません。
気づかなくて焦ったよ!



大苦戦したのがONUへの接続。
ケースの開き方がわからない!

自宅のONUの型番
SCM-GE-PON <M>A GV-ONU タイプD<1>

よく見ると光ファイバーケーブルが挿してある下部分に切り込みがあるので外れそうな雰囲気。
数十分格闘の末、ようやく外れた。

中央付近にツメがあるので、そのあたりを上に押し込みながらカバーを後ろに引っ張るのが正解。
慣れればスルッと外れます。

開くと光ファイバーケーブルがツメでガッチリ固定されているので、つまみながらツメを倒す。
あとは元々挿さっていたケーブルを引き抜いて新しいケーブルを挿す。
ツメで固定しなおしてカバーを戻して終了!



その後

無事にネットに接続するも調子は悪いまま。
なんでや!

結局、今回は光ファイバーケーブルの破損ではなくてプロバイダが原因でした。
無駄な作業に終わりましたよ(涙)
ま、まぁ、ケーブルが破損してたのは事実だし、これでしばらくは安心かな。

関連記事:インターネットの速度が遅い時の確認事項


広告


0 件のコメント :

コメントを投稿

広告